読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もちのシャドール考察

遊戯王考察してます。気になることはこちらまでお気軽にどうぞ→@MidrashRio18

偵察してみることにした

 さて、今回は前から何度も示唆しているように、今注目されている「SPYRAL」についての考察を行っていきましょう。嘘ですごめんなさい。突発的に書くことになり、この場をお借りして書くことといたしました。シャドール考察ではありません。「シャドール記事じゃないんですか、失望しました」という方や「SPYRALの文字に反応してみたけど、何かシャドールがどうとか書いてて気持ち悪い」と思った方は、たまには散歩してみるのも良いでしょう。頭の中空っぽにして自宅周辺を歩くと、なんだか楽しいものですよ。 

そもそもSPYRALって何なの

 尤もな疑問ですね。なにせそもそもまだ出てませんからね。SPYRALとは、きたる8月5日に海外で発売される'The Dark Illusion'で新たに登場する、海外新規テーマの一つです。もう一つの'Subterror'については私以外の方が書いてくださっていますので、こちらをご覧くださいませ。

llmj.hatenablog.com

 このSPYRALというテーマは、有名なスパイ映画である「007」をモチーフにしているようで、ジェームズ・ボンド'SPYRAL Super Agent'がフィールドや墓地を颯爽と駆け巡るテーマとなるようです。それをSPYRAL GEARという名前の秘密兵器でサポートするテーマのようですね。現在のSPYRALカードは四枚なので、これだけでデッキを作ることは不可能です。故に、「何が強いのか」を考えた後に、どういう構築ならばうまく出来そうかを考えていきましょう。

 誰ですか、介護テーマなどと言ったのは。全く、そんなこと言ってはいけませんよ。かのイギリス屈指の英雄がまさかそんな、おじいちゃんなわけないじゃないですか。ハハハ。

各カード紹介

 さて、まずはカードをおさらいしましょう。テキストは外部サイトよりパク――拝借しました。写真は各モンスターのものだけにしますね。

Super Agent

SPYRAL Super Agent 星4 地 戦士 1900/1200
「SPYRAL Super Agent」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①このカードが手札にある場合、カードの種類1つ(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。相手デッキの一番上のカードを確認し、宣言したカードと同じ種類ならこのカードを特殊召喚する。
②このカードが「SPYRAL」カードの効果によって特殊召喚された場合、相手の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

f:id:mochimochiMidra:20160725172142p:plain<The name is Glue.

 イケメンですね。このデッキのキーカードであり、こいつがないとこのデッキはろくに回りません。こいつ自身の効果は確かに控えめですが、この名前が肝心肝要、様々なSPYRALカードの効果に関係することとなります。レベル4地属性戦士族ですので、《増援》だけでなく《M.X―セイバー インヴォーカー》にも対応しています。豊富なサポートを得られますね。攻撃力も高く、下級モンスターとしては最高峰に位置するでしょう。アレキサンドライドラゴンなどの高パラメーター持ちに負けるのは仕方ない。人間ごときが竜に挑むこと自体が間違いなのです。

 効果を見ていきましょう。一つ目は自身を特殊召喚する効果で、もう一つはSPYRALカードで特殊召喚された場合に相手の魔法罠を破壊する効果です。この自身特殊召喚効果は面白いですね、相手のデッキトップのカード種類を当てたらそれだけでボードアドバンテージが取れます。自分もSPYRALカードなので②の効果を連動することができます。優秀ですね。流石は稀代の英雄。相手のデッキしだいでは、とりあえず手札で①を発動してカードの種類を宣言しても良いでしょう。EMEmみたいにモンスターが多いデッキならばモンスターを宣言すれば良いでしょうし、バゼストマなどの罠が多いデッキならば罠を宣言して良いでしょう。

 さらにこのカード、先攻でとりあえず①を使えば非常に強力なカードとなります。実戦してみましょう。

もち「じゃんけんぽん、よし先攻。よろしくお願いします」
もち(よし、手札は上々。しかし相手のデッキによってはモンスター効果の封殺をする意味に欠けてしまう。どんな布陣にするのが望ましいのか……)
《SPYRAL Super Agent》
もち「おお、そうだ!これを使おう!メインフェイズ!Agentの効果を発動します!宣言は、モンスターカード!」
相手「何!?ジャッジー!相手が海外先行のカードを大会で許可なく使いましたー!」
ジャッジ「もち君の負けです」
もち「あああああああ」

 このように自らのキルに役立ちます。冗談ですごめんなさい。

 この時に例えば《ユニオン格納庫》が見えたならば、どんな布陣にするべきか修正ができるかもしれませんね。完全封殺がお好みでなかったり、そもそもそんなに速いデッキじゃないけど一部封殺だけならできるかも、などというデッキをお使いの方にも嬉しいカードですね。当たった場合、ボードアドバンテージも情報アドバンテージも取れます。地属性ですから、《グローアップ・バルブ》と合わせると《ナチュル・ビースト》のクソッタレ野郎にもなりますね。相手のデッキが罠多そうならばバルブの効果をそのまま使用して《ナチュル・パルキオン》にするのもまた一興でしょう。サポートを上手に生かせると楽しくなります。相手はマジギレします。私の場合、ナチュビ出されたら挽回札ないと激おこです。

 このように非常に使いやすいカードです。このカード自体を主軸とするSPYRALでは当然ながら、むしろこのカードだけで他のデッキに入るんじゃね?などと邪推してしまうくらいには優秀なカードです。シャドールにも入るかもしれませんね。バルブは入りますから、ナチュビやらにアクセスする際に使用すればウマウマです。

Quik-Fix

星1 地属性 機械族 ATK/500 DEF/400
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「SPYRAL GEAR」カードを1枚手札に加える。
②:このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「SPYRAL Super Agent」が存在する場合に発動できる。手札を1枚捨ててこのカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、 フィールド上から離れた場合ゲームから除外される。

f:id:mochimochiMidra:20160725183612p:plain

 ターン制限どこ行ったんだよ!!!!!!と思わず突っ込みたくなりますね。アドバンテージ源です。QuartermasterことQがモチーフですね。ベン・ウィショーがモデルでしょうか、かなり若い印象を受けますね。召喚、特殊召喚すればSPYRAL GEARがサーチできます。待たせたな、ってこれは違うスパイですねごめんなさい。それはこっちですね。

f:id:mochimochiMidra:20160725183937j:plain<ショウタイムだ

 自己再生効果も①とシナジーしており、Agentが居ればとても優秀なアドバンテージ源となります。素敵です。というかバグカードじゃね。こいつもまたエグいパラメーターを有しています。何か?こいつの攻撃力と種族を見ましょう。攻撃力500で、機械族。ふむふむ……。

f:id:mochimochiMidra:20160725184536j:plain<俺の出番か?

 というわけで、こんなカードが使えますね。バカなんじゃないでしょうか。デッキから二体出て来ると、SPYRAL GEARが三枚手札にやってきます。今でこそ数が少ないですが、将来的に増えるとなると恐怖しか覚えません。後述するBig Redでも蘇生が効きますから非常に恐ろしい。レベル1なので《ワン・フォー・ワン》などもサポートとして挙げられますね。何ということをしてくれたのでしょう。

 自己再生についても色々と考えてみましょう。こいつは自己再生の際に手札を捨てますが、これ効果で捨てるのですよね。ふむふむ……。
 シャドール切るか。
 まあ考えますよね、私ですし。他にも暗黒界などのトリガーとしても使用できます。捨てるなので魔轟神のケルベラルとも好相性ですね。場にはレベル合計が7になるようにモンスターが居ますし、Qで車を持って来ていれば《瑚之龍》を絡めて展開することもしやすそうです。

 でも除外されちゃうんだよなぁ。自己再生するとなー。フィールドから離れたら除外されちゃうんだよなー。どうしよー。――いやまあお分かりと思いますが、エクシーズすれば良いですよね。《森羅の姫芽宮》が乱立しますよ。墓地肥やしか手札補充をしながら動けますからね。更に手札に持って来たDroneを捨てることでAgentのサルベージに繋げることも容易。素敵ですね。Agentがいればの話ですが。Agentがいればの話ですが。(大事なことなので二度言いました。)

Drone

星1 風属性 機械族 ATK/100 DEF/100
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手のデッキの上からカードを3枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。
②:このカードをリリースして、自分フィールドの「SPYRAL」モンスター1体を対象に発動できる。そのモンスターの攻撃力は、相手フィールドのカードの数×500アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
③:自分の墓地のこのカードと「SPYRAL」カード1枚を除外し、墓地の「SPYRAL Super Agent」1体を対象に発動できる。そのモンスターを手札に加える。

f:id:mochimochiMidra:20160725191441p:plain

 このドローン凄いですね。偵察機です。公式サイトではAgentを出す前に使うと良いよ!とありましたが、デッキトップ確認のためだったのですね。Agentの効果と強烈なシナジーを形成しており、ピーピング効果もサルベージ効果もAgentの心強いサポートになっています。コンバットトリックとしても優秀です。相手のドロー操作も多少はできますがそこまでの束縛にはならないでしょう。最近はサーチやらリクルートやら増えて来ていますし、デッキトップをどうこうしても仕方ないことも少なくないでしょう。

 場に残ったDroneはAgentの攻撃力を上げるのに使えますね。自身の③の効果ともシナジーを形成しています。相手の場にカードが二枚あるだけで2900にもなるのは驚き。どんな兵器を積んでるんだこのドローン。一回の使用で限界まで引き上げようとするならば攻撃力は7900。まさに最強!いや無理なんですけどね。例えばカオスMAXを超えるならば相手の場にカードが5枚あれば宜しいということになります。5枚。5枚……。《おジャマトリオ》を使えばもの凄い勢いで数を稼げますね。嫌がらせにも程が有ります。何より面白いのは、攻撃力が永続的に上がる点です。攻撃力3900とかにした場合、このAgentは永遠に3900です。別のDroneを併用すれば更にムキムキになります。筋肉モリモリマッチョマンです。コマンドー好きだな私。

 最後のAgentサルベージ効果も非常に優秀です。使い終えたBig Redを使ったり、同名カードを使ったりして回収すると良いでしょう。あんまりDroneを使い切りたくはありませんが、手札のカードで除外したDroneを出せるならガンガン使いましょう。いっそAgent1枚を除外してしまっても良いでしょう。このデッキは除外も活用することでこそ真価を発揮するのですからね。

 こんなパワーマシンがありますからね。Agentも相手をボコボコにできるでしょう。こうなったらドラゴンに挑んでも良いですね。単身で挑んだら焼かれますが。

Big Red

装備魔法
「SPYRAL GEAR - Big Red」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の「SPYRAL」モンスター1体を対象に発動する。そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
②:装備モンスターは戦闘では破壊されない。

f:id:mochimochiMidra:20160725194634p:plain<ブゥゥーン

 どう見てもボンドカーです、本当にありがとうございました。墓地のSPYRALを特殊召喚できます。装備魔法で蘇生とか《早すぎた埋葬》にしか見えませんね。しかし車が破壊されても中に乗ってた人は死にません。どうも車内のイジェクトシートで緊急脱出をしているらしいですね。どんな改造してんねんホンマ。ロータス・エスプリターボのS3でしょうか。車については明るくないので何とも分からないのですが。

 このカードで蘇生したAgentはなかなか強烈です。なにせ戦闘で破壊されないので、横にして置いておくだけでも十分な壁になりますからね。そしてこの車、地味にDrone蘇生もできるのが笑えます。車を運転するドローンとかめっちゃウケますね。よく見るとイラストの左上にドローンいますね。伏線かよ~。Drone蘇生からのAgent特殊召喚で打点供給をして、さらにDroneを召喚するなどして大幅に攻撃力を上げることができます。

 装備魔法なので《アームズ・ホール》や《パワー・ツール・ドラゴン》が出せるならばそのサポートができます。《D・D・R》で除外活用をする場合ならばこのどちらかが望まれますね。Quik-Fixとかを既に出していて召喚権が残るならばアームズホール最強です。ウヒョーと言いながらサルベージでもサーチでもしましょう。アドです。

 

 テーマ外のオススメサポート

 デッキはなんと40枚入れないといけません。なのであと28枚ものカードを投入しなければいけません。というわけなので大人しくテーマ外のカードを入れましょう。

ベイゴマックス

 ま  た  お  前  か  。という声が聞こえて来ますね。でも考えてください。インヴォーカーへのアクセス以外にも、リヴァイエールでDrone再利用を目論んだり、後述する《風帝ライザー》へのリリースにもできますから、こいつは捨て難いと思うのです。制限になったら知りません。パワーツールを入れるとしても使えますね。ベイゴマ赤目でパワーツール。イケメンです。

マスマティシャン

 レベル3なのでベイゴマと相性が良いですね。初動でQを墓地へ置くのに使えます。サーチなどは難しいので素引き前提なのが悩ましいですが、SPYRALはいずれも墓地肥やしに適しているため、入れておいて損はないでしょう。

彼岸モンスター

 ランク3を出す際には非常に使いやすいですね。ベアトまで行けるかも。それ彼岸で良くね?数が必要になりますが、ファーファレルなど元から汎用性の高いカードはありますからね、ある程度余裕があるならば検討をしてみては如何でしょうか。

M.X-セイバー インヴォーカー

 デッキからSuper Agentを掘り起こせる素敵エクシーズモンスター。エンドフェイズに死んじゃいますが、ドローンでサルベージしたりボンドカーで蘇生したりできますから、むしろデッキで寝てるボンドを起こしてやりましょう。

空海竜リヴァイエール

 除外されたDroneやQuik-Fixを帰還させることでアドバンテージを狙えます。Quik-Fix帰還からDroneサーチ、通常召喚を経てAgent特殊召喚とするのが一つの理想でしょう。ベイゴマか悪鬼二枚とAgentからできますね。下準備はある程度要りますが。

風帝ライザー

 相手の盤面を空けながらトップ固定ですので、確定でAgentが出せます。戦闘破壊できないモンスターなどをどけるのに活躍しますね。Agentが召喚権を使わないのが奏功しました。

帝王の烈旋

 ライザーなどと合わせると強力ですね。相手の盤面を二枚剥がせますので、上昇値は多少落ちますが、Agent+Droneなどで一気にキルラインに持ち込めるかもしれません。モンスター除去としては最高峰の一角ですし、入れておいて損はないでしょう。

Agent守る魔法・罠

 防御札が欲しいですね。せっかくムキムキにしたAgentがブラホとかで消し飛ばされると涙を流すしかなくなります。万斛の涙を注ぐ羽目になります。ちなみに万斛というのは10斗、1斗缶10杯分、すなわち18リットルほどになります。そんなに流したら人間死んじゃいますね。漫画みたいな表現です。それくらい涙することになります。信じて育てたAgentが(元ネタが良くないので自粛

 正直に申し上げて、ムキムキになったAgentが戦闘で負けるのは、よほど脳筋特化でもない限り、オネストとかスターヴとかくらいにしか負けません。《神の通告》で全てが消し飛びます。魔法で攻撃力を下げたりしてくるなら《禁じられた聖槍》を貸し出しましょう。ユニコーンなどの対象を取る除去ならば《スキル・プリズナ》でも良いですね。

キルドレイン

 ちょっと意外かもですが、これが使えそうです。は?と思われた方は賢明、これはある程度盤面が固まってからじゃないと使えないという欠点があります。どういうことかと申しますと、Droneの②の効果はスキドレの影響を受けないので、ムキムキAgentを守るという面においても多大な活躍を見せるかもしれないのだということです。スキドレすげえ。

ちょっとしたコンボ

 実用性はないですが、幾つかコンボをご紹介。まだどんな立ち回りすべきか分かってないんだなコイツ、くらいの生暖かい目で見ていただけると有り難いです:

①ベイゴマ+マスマ+複製術

 ベイゴマSS何かサーチ、マスマNSでQ墓地、2体でインヴォーカーXS、効果でAgentリクルート、サーチしたカードか何かを切ってQ蘇生、複製術を発動してQを三体にする。サーチはDrone1枚を含む三枚。Q2体で姫芽宮XS、効果で素材剥がす、手札のDroneをコストにQ自己再生、さらにサーチ。もう一回ランク1を出す。

 最終的にインヴォーカー、姫芽宮、ランク1が残り、墓地にはAgentとDrone、手札にはSPYRAL GEARが三枚貯まります。次ターンには墓地にQが一体はまず落ちるのでDroneの回収をしたり、前ターンに貯めたBigRedなどで大きく動けるようになったりするのですね。

②Agent+Drone+複製術

 Drone通常召喚してトップ操作をしてから、Agentを出して魔法罠破壊。複製術でDroneを3体にしてバトルと同時にDroneでパンプ。相手の場のカードがX枚とすると、Agentの攻撃力は1900+1500Xで、相手の場に6枚あれば攻撃力10900。まずまずの打点になりますね。

 これは暴走召喚+BigRedでも可能ですが、なにより重要なのは複製術はQ以外にも打てると言うことですね。Q蘇生のためのコストばかりにしなくても良いということです。

 

 以上です。なかなか楽しそうなテーマですね、SPYRAL。拡張性もありますから、ぜひとも様々な角度からカードを考察してみてくださいね。

 え?デッキレシピ?組まないから作ってません!!

 

・余談

 シャドールと混ぜたらどんな構築にできるか考えてみたのですが、ウェンディゴベアトリーチェの素材になったり、思った以上にQがデッキから離しやすいせいでシェキナーガが使いにくかったりと、良い感じに波乱を巻き起こしていました。

 シャドールを入れるならば出張セットのうちのドラゴン2ヘッジ1融合3程度に抑えておくか、シャドール要素をとても強くしてAgent+Droneのバ火力のみを依頼するかのどちらかになりそうですね。どちらにせよ、動かし方によっては程良い墓地肥やしが欲しくなる上に、挽回の手段を持っていないSPYRALにとって、シャドールはなかなか良いパートナーとなる可能性を秘めていますよ。頭文字がどっちもSなので如何にもサポートしてくれみたいな顔してますからちょっと考えてみた甲斐がありました。

・余談2

 ふと気になったので調べたのですが、海外新規テーマの名前はなかなか面白いですね。ちょっとした規則があるのです。

2014:Burning Abyss & Ultra Athlete

2015:Kozmo & Kaiju

2016:Subterror & Spyral

 全部共通のキャピタルレターを持ってるのですよね。A、K、S。このまま並べるとアサルトライフルですね。AKS-74u、AK-47の血筋を引く突撃銃、って何の話してるんだ。これ間のアルファベットの数が9、7となってるので次は5でしょうか。そしたらYですね。Yで始まる単語……。ヨットか!(ダサい)

 あるいは戻って9になるならば、次はCですね。Cは色々と浮かびますね。Cupとか、Cattleとか。(選ぶ単語がいちいちダサい)