もちのシャドール考察

遊戯王考察してます。気になることはこちらまでお気軽にどうぞ→@MidrashRio18

新・シャドール出張セット一覧

 三本立てで連続投稿するつもりでした、多忙と無精で遅れてしまい申し訳ありません。もちです。最後の矢は最も需要があった「出張セット」についてです。シャドールは昔から出張性能も高かったわけですが新規の登場で難しく感じる方も増えてきたことでしょう。もっと言うと前回書かせていただいたアレから「ネフィリムの解除」も入ったことで光属性のデッキ使いの方でも「使ってみたい」とお考えになられた方がいらっしゃることと思います。

 でもシャドールの出張って難しいんです。何を何枚入れたら使いやすいのか、エクストラに何を入れておくと不都合なく動けるようになるのか、どれくらいの枠を設けておけば良いのか、というのをシャドールに触れたことなく導き出すのは困難です。

 そこで今回、改めて出張セットをまとめさせていただきました。以前の記事の内容も含めてアップデートしているつもりですので是非とも閲覧いただけますと幸いです。

続きを読む

ウェンディで出すのは誰が良いのか

 皆様こんにちは。呑気にカキカキ、もちでございます。読者の皆様を飽かせぬよう定期更新をしたいのは山々ですが恥ずかしながら私の脳では思い付いた時しか書けないのでございます。しかし此度の新規を受けて自分の中で考察を深め、それらを皆様にお見せすることで少しでもシャドールについて皆様の知見が深まることを祈って(その割に改善されない文章量)記事を書く次第です。

 今回の記事は《影霊の翼 ウェンディ》について。以前ヘッジホッグのサーチ先について丸々記事一つ使って書きましたが、このカードとはかなり勝手が違うため新たに記事にする必要があると判断しました。というわけで皆様のお時間を拝借させていただきたく。ご覧になっていただけると幸いです。

続きを読む

エリアル覚え書き

 遊戯王できる環境に帰って来られました、もちです。ニュースも遊戯王の環境も一色に染まっているこのご時世ですが、当記事で扱うのもまたいつものように、文章一色に染まっている考察になります。

 今回取り扱いますのは《影依の巫女 エリアル》。新しく登場した5種類のカードの中でも対戦相手しだいでは取り扱いが極めて大事になるカードですので是非とも学んでいきましょう。

続きを読む

新規カード三枚について

 えー、皆さまおはようございますこんにちはこんばんは、もちでございます。(最近見ているyoutuberさんのパクり)11月13日に新たに三枚の新規カードが登場し、どのような変化が起こるかが楽しみになって参りました。

 さて、前回の記事:新規カード、エリアルとアプカローネについて - もちのシャドール考察と同様に、新たなシャドールの仲間を紹介していきましょう。まだまだ増えるのか、はたまたそろそろ頭打ちなのか、気になるところですね。

 「お前の考察あてにならないわ」という方は、間違われやすい日本語について調べてみるのは如何でしょうか? 力不足と役不足などは有名ですが、独「壇」場と独「擅」場(どくせんじょう)とか、敷居が高いとか、そのあたりもなかなか面白いですね。

続きを読む

新規カード、エリアルとアプカローネについて

 お久しぶりです、もちです。楽しい楽しいシャドールストラクチャーデッキ「リバース・オブ・シャドール」の発売が迫って参りました。師走の第一週には皆様が新たなシャドールの力を得ることとなるでしょう。そして本日10月22日に、新たなシャドールたちが2枚発表されました。今後が楽しみになる、面白い効果の2枚です。

 さて、当ブログでは恒例となる各カードについての解説、考察です。基本的な使い方から、様々なコンボデッキ、混ぜ物デッキを作るに際しての動きなどを考えていきましょう。

 「お前最近音沙汰ないじゃん、死んでたみたいな奴の意見聞く気にはなれねえな!」などという方は、色んな栄養素が何をしているのか調べてみるのは如何でしょう。ビタミンってたくさんあるけど何するのとか、ミネラルって何なのとか、面白いこと沢山ありますよ。

続きを読む

LVP2が出る可能性が凄まじく怖い件について

 私のことを覚えていらっしゃるでしょうか。そうです、もちです。書こう書こうと言いながら数週間ほど経ってしまいました。そろそろ本格的にリンク召喚を突っ込んでも良いなーと思えるようなカードが増えて来ましたね。新規シャドールの到来もございましたので、本格的に記事を書くといたします。(いやだからそれ何日前の決意なんだよ)

 「え、待って、最近遊戯王してない奴の話聞くの嫌なんだけど」という方や「リンク召喚は無理」という方は、色んなイカサマについて調べてみては如何でしょうか。勝利に妄執するあまりに誕生した技巧の数々は、ある意味で叡智の証とも言えます。色んな技術があり、それを知ると知らざるとで見えなかったものも見えるかもしれませんね。

 

続きを読む

シャドールでリンク召喚を採用するにあたって

 お久しぶりでございます。もちです。新マスタールールが到来して早ホニャララヶ月、色んなリンクモンスターが登場して世間をあっと言わせておりますね。あっとと言うレベルなのかはさておき。どんなデッキであっても、以降も変わらず活躍するためには新マスタールールへ対応することが必要になります。その為には基礎を振り返る必要があります。どんな特性があって、どんなものならば採用ができるのか。

 というわけで今回は、シャドールが新マスタールールに対応すべくリンクモンスターを導入するならばどのようなものが良くて、それをどのように出すのか、そしてどう使うべきかを考えていきましょう。「リンク召喚なんざ御免こうむるぜ!」という方は、確率論というものを追求してみてはどうでしょうか。世界とはどういう風な蓋然性で回っているのか、調べてみるのも一興でございます故――。

 

続きを読む